http-equiv="refresh" content="0;URL=http://js.ldblog.jp/"> 出会い情報【女性専科】 年下の彼
FC2ブログ
引っ越しました!
目的別出会い | 年齢経歴別出会い | 出会いノウハウ | 不安解消 | ★体験レポート | 恋愛技-自分磨き | 男女の違い | 占い | リンク |  | 情報★募集中
恋愛技-自分磨き
男女の違い
携帯の出会い情報
携帯から出来る出会い情報
QR
http://matsukod.blog111.fc2.com/
出会いイロイロ

一覧

一覧

お役立情報
出会い情報【女性専科】
年齢経歴別出会い情報
目的別出会い情報
初心者向けに目的別出会い情報をまとめてみました。それぞれ目的にあったサービスを利用することでより近い理想のお相手を発見できます!







出会いノウハウ
各出会いサービスで不安な局面をサポートします。悪質な出会いサービスに引っかからないためにも、基礎知識としてお読みください。



体験レポート
サイトリンク集
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

年下の彼

ついついはまってしまう

"年下の彼"


私の恋愛歴においても、年下の彼を占める割合は多そうです。


実は私、
別に ”年下好き” というわけではありません。^^


年下の男性と ”最初は友達” でも、気がついたら 

あれれれ・・ ?! 恋に発展 ”

 しているんです。



若いからという理由で、
人としても深みや責任感を判断してはいけません。



40歳になっても薄っぺらい甘ちゃんはいるし、
20歳でもしっかりしている人はしっかりしています。



尊敬もできますし、
男としても頼りにもなります。



そうそう、男女の関係に、年齢差は関係ないのです。






年下の彼、ココがイイ!

■勢いがある
 →勢いなくして恋愛は語れません。
  彼も年上の彼女だからこそ、ピュアに感情を表現してくれるのかもしれません。

■ノリがいい
 →一見軽いと思われますが、非日常的なことをすることは恋愛に進める上で重要です。
  互いの環境の違いで、相手の趣味や行動が新鮮に移り、デートパターンの幅も広がります。

■がんばってくれる
 →彼の方も相当のプレッシャーがあるのか(私は基本、甘えさせない)、何事もがんばってくれます。



年下の彼と接するとき、気をつけていた事

■彼を立てる
 →彼が一歩前を歩くくらいの感覚だと、自然に彼の方がしっかりしてくれます。

■彼を褒める
 →若い男性は、自分のことをよく知りません。
  だからいいところは、適度に褒めていました。
  褒める、褒める、けなす の繰り返し?

■彼を頼る
 →相手が学生の時は、どうしても経済的に働いている私よりも貧乏であることを承知。
  でも彼にはできるだけ、おごってほしいと最初に告げていました。
  割り勘はあっても、おごることは滅多(年に一度くらい?)しかなかったです。
  「豪華なものじゃなくていいから、あなたにおごってもらうことがうれしいの」

■でもあくまでも大人の女として節度ある態度で
 →年上の彼女としての魅力は、そのまま継続するよう努力も必要です。
  時には我慢も。でも、時には壊れて。

■身キレイにしている
 →若い男性とお付き合いしていると自然に若くなりますが、
  見かけ重視の年頃なので、できるだけ気配りが必要みたいです。
  特に彼の友達と会うときは、神経使いました。

■未来の約束はしない
 →彼の負担になるような約束は、できる限りしないほうがいいです。
  どんなにしっかりしていても、「結婚」を考えていない男性に向けて
  結婚を迫っても逃げられるだけです。




年下の彼がいる人、これからそうなりそうな予感の人は、ぜひがんばってください。



最後に・・・

男は基本、若い女がいいのです
今はよくても、いつか彼も年老いたときに、自分にない若さに惹かれてしまうのです。
だから、もし彼が別れを望んだら、できないかも知れないけど、気持ちよく引き下がってあげてください。

想い出は、美しいまま・・・。

それに私も30代の時はいいのです。
でも私が40歳になったら、50歳になったら、と未来のことを考えると、
引け目を感じながら付き合い続けるのも申し訳なくてできなかったようです。




私は、きっとこれからは建設的な恋を望んでいるので、
もう年下の彼にはまることはないと思っていますが・・。(たぶん)

スポンサーサイト

テーマ:## 年下彼とW不倫 ## - ジャンル:恋愛
恋愛技-自分磨き    Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。